西条市休日夜間急患センター

西条市休日夜間急患センター 0897-52-2001
西条市休日夜間急患センター 0897-52-2001
休日夜間急患センター外観写真

西条市休日夜間急患センターは、市民の皆さんが安心して暮らせるよう、休日や夜間の一次救急医療の中心的な役割を担います。(平成24年完成)

時間外の救急医療が逼迫しています! できる限り、正規の診療時間内に医療機関を受診して下さい。
時間外救急患者数は年々増加しています。特に二次救急病院では、救急患者数の増加と昨今の医師不足のため、救急医療が逼迫しています。西条市は、これまで24時間受け入れ可能な救急体制を守ってきていますが、このままでは時間外救急体制が崩壊してしまい、本当に必要な重症患者さんの受け入れが困難になる可能性があります。
この現状をご理解いただき、症状が軽く落ち着いている場合は、できるだけ正規の診療時間内に医療機関を受診して下さいますようお願い致します。

診療科目・診療時間等

休日や平日夜間の急病やけがなどで、比較的症状の軽い方を対象にした診療を行います。

診察科目

内科・外科

診察時間

平日夜間(月曜~土曜):19時~22時(内科・外科(土曜のみ))
休日昼間(日曜・祝日):9時~18時(内科・外科)

休診日

年中無休(ただし8月15日・16日、10月15日・16日は臨時休診)

※平日夜間の外科診療については、市内各医療機関による在宅当番医制で実施します。
受診される方は、西条市ホームページ、テレホンサービス(0897-58-2200)または広報さいじょうで当番病医院をご確認ください。

所在地

〒793-0066 西条市野々市40番地1

受診をされるときのお願い

  • 受診時に次のものを持ってきてください。
    保険証、各種受給者証(乳幼児医療受給者証や重度心身障害者医療受給者証など)、老人手帳や糖尿病手帳など医療情報が記載されたもの、お薬手帳
  • 急患センターは、休日や夜間の急病やけがに対して診療を行う施設ですので、緊急性のない安易な受診(いわゆるコンビニ受診)はお控えください。
  • 急患センターは、限られた医療スタッフで運営をしています。インフルエンザ等の流行時には、待ち時間が長くなる可能性があることをあらかじめご了承ください。
  • 急患センターは、軽症患者に対して診療を行う施設です。重症の場合は、二次救急病院を受診しましょう。二次救急当番病院については、当番病院テレホンサービス(0897-58-2200)に電話で確認いただくか、えひめ医療情報ネットをご覧ください。
  • 急患センターには、応急処置を行うための医療機器や医療材料、医薬品を置いていますが、基本的にはかかりつけ医などの医療機関における通常診療時間帯と同様の精密検査や十分な処置には対応していません。症状が軽く落ち着いている場合には、できるだけ通常診療時間の受診を心がけましょう。
  • 施設の性質上、当番医の氏名や専門科に対するお問い合わせにはお答えできません。
  • 投薬は最低日数分となります。
  • 全国的な医師不足が加速しています。医師の負担を軽減するためにも、適切な救急医療の受診をお願いします。

お子さんの急な発熱やケガでお困りの際は

看護師や医師などが家庭での応急対処の方法などについてアドバイスを行う、小児救急医療電話相談をご利用ください。

  • 短縮ダイヤル(固定電話プッシュ回線・携帯電話) #8000
  • ダイヤル回線 089-913-2777

  •  ※利用できる時間帯  19時~翌朝8時

開設者および管理運営

開設者

西条市長

管理運営

西条市医師会

お問い合わせ

  • 西条市休日夜間急患センター(診療時間中)
    電話:0897-52-2001
  • 西条市役所 保健福祉部 健康医療推進課(総合福祉センター内)
    電話:0897-52-1395

  • 外観
  • 入り口
  • 受付・薬局
  • 待合
  • 診察室前通路
  • 診察室
  • 診察ベット
  • 超音波診断システム
  • レントゲン室